カジェット(小鳥の預けあい)体験談

※カジェット(小鳥の預けあい)は会員同士による、相互扶助のボランティア精神から生まれた小鳥の預けあい制度です。

今回お預かりしたウロコちゃんの飼い主Yさんは鳥愛が深くNPOの活動にも興味があり、鳥さんのためにもっといろいろ勉強したい!という情熱をお持ちの方です^^

今回お預けした側の感想や貴重なご意見を頂戴したので掲載させていただきます。

↓↓↓↓↓↓

■Yです。1週間の海外旅行ということで、シェワゾーの仲間に初めてのお預けでした!

事前顔合わせも済ませており、預かり主さんは鳥飼経験も長くシッター経験も豊富で、安心して預けることができました(*^_^*)

餌はいつもあげてるシードとペレット、そして日替わりであげてるおやつを持って行きました!

毎日ラインで報告と写真を送ってくれるのですが、我が家にはない餌に挑戦してくれたり、他のインコちゃんとの触れ合いもあり、(仲良くは出来なくて、同時放鳥しただけ!笑)

ひとりっ子の我が家のインコにとっても貴重な時間になりました★

放鳥はもちろん、水浴びや日光浴までして頂いて、毎日のラインでの報告が旅先での1日の楽しみでした!

愛情もたっぷり頂いて、確実に我が家より良い生活を送ってました(*^_^*)笑

今回、預けて思ったのですが、シェ・ワゾーは横の繋がりが強いことがとても魅力!

もし預けたインコや預かり主に何かあった時も、経験や知識豊富でフォローしてくれる仲間がたくさんいること。

これは、預けた側も預かる側もとても心強い!

私も安心して預けてもらえるようなバードシッターになるために、日々勉強を頑張りたいと思いました★

↑左/自宅に戻りお土産にビビるウロコちゃん♡      ↑右/お預かり中のウロコちゃん♡

 

■今回お預かりしたNです。

初ウロコインコさんでした。緊張していた私に「大丈夫だよ~!どんどん触ってよ!」とでも言うように、手に肩に首に甘えるようにやってきてくれます(#^.^#)

人見知りもなくとってもフレンドリーです♡

ウロコちゃんはひとりっコなので他の鳥を見たことがないそうで我が家の鳥たちとのふれあいが初体験でした。

お預かり3日目くらいでお互い見慣れてきたかな?という頃に同時放鳥してみました。

お互い意識しながらも見えてないフリをする鳥たち(笑)・・・そして空気を読まないセキセイが大声を出して飛び立つ⇒ウロコちゃん初めてのことにビビって飛び立つ⇒もちろんオカメもビビって飛び立つ・・・という花鳥園状態でしたf(^^:

疲れてもいけないのでほどほどにして個別放鳥。メンバーにその話をすると鳥さんの社会化トレーニングの一環になって良いよと言われひと安心。

よそ様の大事な愛鳥さんをお預かりするのはいつも身が引き締まる思いですが、何かわからないことがあればすぐに仲間が手を差し伸べてくれるのでとても頼りになります!

お預かりを通して新たな鳥さんの魅力を知り、性格・食べ物の違いなどとても勉強になりました!

カジェット(小鳥の預けあい)打ち合わせ

9/3は2週間後にお預かりするメンバーのお宅におじゃまして、鳥さんとの顔合わせとお世話の仕方などを確認させていただきました~^^

健康状態やかかりつけの病院・食べ物・お気に入りのおもちゃや遊びのことなどなど・・・

初めての鳥種だったので大丈夫かな?と不安もありましたが、飼主さんの普段の接し方を見たり実際に触れ合わせてもらったりすると、もうホントに可愛くてメロメロになりました(#^.^#)

そして大事なこと、元気だった愛鳥さんの突然死を体験したメンバーもいるので「万が一」もある得るということをお互い念頭において、お預け・お預かりをする旨を再確認しあいました。

微力ながら精一杯お世話させていただきま~す!

初顔合わせ&シェ・ワゾー会議

9月になって急に朝晩は初秋の気配が漂ってきました。

さて8/27の会議はスゴイことになりましたよ~。

6月にホームページをオープンして以来、新たなメンバーさんが6名も増え初顔合わせも兼ねての会議だったのです!ドキドキワクワク(≧▽≦)

メインテーマは「今後の活動について」だったのですが、お互いの自己紹介になるとついつい飼っている鳥さんの話になり脱線しまくりで(笑)、あっという間の楽しい3時間でした。

もちろんマジメな打ち合わせもしました!

冊子作りの提案やHPのさらなる認知度UPのために・・・などなど。

飼主さんとその愛鳥さんのためになるような冊子を作れたらいいねと様々なアイデアが出ました。

他の鳥飼いさんにも喜んでもらえるようなものに仕上げて行けたらと思います。

ご意見などお気軽にお寄せ下さい。

広島県福山市のカフェ「ことり日和」にて バードセミナー参加

シェ・ワゾーの新メンバー2人(I&N)で、広島県福山市のカフェ「ことり日和」にて開催されたバードセミナーに参加してきました。

「バードセミナー」とは、コンパニオンバードの為の行動やトレーニングに関する情報を著書やネットで発信されている石綿美香さんが講師を務められるセミナーです。

7月1日の朝、新神戸8時17分発の新幹線さくらに乗り福山へと出発!

駅からはタクシーに乗って約10分で、カフェことり日和に到着です。

店内にはセキセイ・オカメ・アキクサ・サザナミ・ボタン・コザクラ・ヤエザクラ・オキナといった、たくさんのインコちゃんが、とても広いガラス張

りの空間を元気に飛び回っていました。

さて、午前中のセミナーは、『鳥の社会化』がテーマです。

鳥を、いつでも、どこでも、誰とでもを目標にいろんな環境に普段から慣れさせることで、いざという時に 環境の変化につよく、ストレスの少ない生活を送れるようにしようというものです。

ランチタイムはことり日和さんの特製サンドイッチ!

ランチしながら参加者さんとのインコトークが盛り上がります。

そして午後からは、クリッカートレーニングの授業です。

クリッカートレーニングとは、クリッカーという道具を鳴らして出る音とご褒美(おやつなど)を鳥自身が関連付けることにより、一定の行動(人間から見ると芸?)を取ることを覚えてもらうものなのですが、前回(今年の2月頃)の基礎内容から少しステップアップした内容となっていました。

前回のセミナー後、うちの子達に試みましたが、正直うまくできませんでした。

ですが今回は、少し練習をしてみてからの受講だったこともあり、うまくいかなかった原因がどこにあったのか、何を改善すればよいのか、というところがはっきりとわかり、トレーニングのポイントがとてもよく理解できました。

私(I)の場合、うまくできない原因は、

1. 飼い主側のサインの出し方

2. 何が正解なのかを明確に伝えることと、その方法

でした。

そのポイントを踏まえたうえで、帰宅後再びトライしてみました。

して欲しい「行動」は、出した指にくちばしでタッチする、という単純なものです。でもこれを、確実に、理解してやってもらうことが目標です。

練習の成果はあっという間にでました(゜o゜)

何度も何度も、私の出したサインに忠実に答えて、確実に私の指にくちばしでタッチしに来てくれます。

私はもちろん嬉しいのですが、驚いたことに、うちの子自身がとても楽しそうにトレーニングをしているのです。

私の要求が何なのか、自分はどう答えればよいのか、それを理解した瞬間の嬉しそうな反応!!

完璧に意志の疎通が図れた瞬間に起こる、お互いの信頼関係が深まる喜び。

これこそが、トレーニングすることの意味なんだと、とても感激しました。

クリッカートレーニングの受講は決して安価なものではありません。

でも、それだけの価値がある、ということが、今回本当によくわかりました。

教える側さえ諦めなければ、どの子でも、きっと出来るようになると思いますし、その喜びは計り知れないものがあります!

皆さんにもぜひチャレンジしていただきたいです

セミナー終了後は1階のカフェでデザートを食べながら懇親会でした。鳥スタッフさん達を眺めながらまたまたインコトークが止まりませんでした。

次回のセミナーは12月です。

興味がある方は一緒に参加してみませんか~🎵

 

豊中市福祉会館にて定期総会

新年度も始まってすっかり春らしくなった本日、NPO法人シェ・ワゾー鳥のいえの定期総会を豊中市福祉会館にて開催しました。

昨年度の事業報告、会計報告、諸連絡を済ませた後は、たっぷりの時間をとって今年度の事業計画についての話し合いです。新規メンバーも加わり、活発な意見交換、アイデアの研磨、たまに脱線で鳥トークなどもしながら賑やかなものになりました。

昨年7月に認可された後の設立初年度はチラシの作成やささやかな広報活動が中心でしたが、今年度は定期的に親睦会や茶話セミナーなどを開催して鳥仲間さんとの交流を広げ深めたり、阪神間での鳥関係のお役立ち情報を収集・公開するなど、活動の幅を広げていきたいと思います。

生まれたてのヨチヨチ歩きから、次なる一歩を踏み出すシェ・ワゾー鳥のいえをどうぞよろしくお願いいたします!(*^^*)