会員同士の鳥の預かり合い【カジェット】

【カジェット】とは、シェ・ワゾー鳥のいえの会員同士の鳥さん預かり合いのことです。

カジェット(cagette)とは「小さな鳥かご」を意味するフランス語です。

カジェットの安心

鳥さんを預けるには病院やペットホテルを利用したり、知り合いや身内に預けるという方は多いでしょう。

しかし、そこには鳥に詳しい人がいなかったり、夜間に無人になったり、犬や猫など鳥以外の生き物もいたり、と不安なことはなかったでしょうか。

他にはSNSなどで登録者同士がお互いの鳥さんを預かったり預けたりというシステムも、多々存在しています。私たちの中でもそういったSNSを通じて知り合ったメンバーも多く、とても助けられました。

ただSNSはあくまで預け先探しの場所であり、原則二者間だけでのやり取りになって、預かり前や預かり中のことなどで悩んでも他のSNSメンバーに相談するのは難しく、個人的な鳥仲間に頼る形になることが多くなりがちです。

シェ・ワゾーでは普段から対面での交流機会を多く持ち、信頼のおける会員同士のコミュニケーション手段が数多くあります。私たちはこのメリットを生かして、より安心かつ安全に預け合いができるのではと考えました。

顔を見知った会員が預かってくれること、依頼や預かりの際に疑問や不安があったり、預かり中に何かトラブルがあっても、当事者以外の会員に気軽に相談する場がいつでもあるということは、鳥飼いさんにとってとても心強いものではないでしょうか。

カジェットを利用するには

カジェットの利用は以下の理由により、会員のみとさせて頂いております。

  1. カジェットはあくまでも相互扶助に基づく会員同士の預かり合いの取組みであり、シェ・ワゾーの「事業」ではないこと。
    ※事業として行うには第一種動物取扱業の登録が必要です。取扱業登録については、将来的にシェ・ワゾー及びカジェットがある程度の規模になってきてから検討する予定です。
  2. 顔を見知った会員同士での預かり合いにより、安心して預けられること。鳥さんを預かる環境が整っており、知識と経験の豊富な会員が話し合って決めた規約に基づいてお預かりをすることで、飼い主と鳥さんのしばしのお別れの期間が少しでも心穏やかになればと願っております。

カジェット規約についてはこちら